Advertisement


ベルメゾンネット

猫(ネコ)の情報

ネコ(イエネコ:Felis Catus)の祖先

日本で一般的名称の「ネコ」は学名ではイエネコといいます。
黒猫や三毛猫などさまざまな模様を持った品種がいますが、原種は不明。
アフリカの全土からアラビア地方に分布するリビア猫という野生猫がイエネコの祖先であるという説や古代エジプト起源説(下記)があります。

しかし、イエネコは人の手によって世界各地に広まったと考えられてますので、そうしたイエネコと各地方の野生猫との間で交雑が繰り返されている。等の理由で、祖先種の確証を得るというのもなかなか難しいようです。

古代エジプト起源説

今から約4〜5千年前頃、古代エジプトで、穀物をネズミなどによる被害から守る為に、アフリカ・ヤマネコ(リビア・ヤマネコ)を保護し、あるいは子猫のうちに捕えて飼育などして、より人間生活に密着した猫をブリーディングしていったという解釈。

イエネコの一般的な言い方

  • 飼いネコ(人間と同居しているネコ)
  • 野良ネコ(飼い主はいないが人間生活に密着しているネコ)
  • 野ネコ(イエネコが野生化したネコ)

猫を飼う時のしっ得情報

【猫を飼う(買う)前に】

  • お気に入りの猫種を見つけたら
    ペットショップや雑誌などで見た目で好みの猫を見つけたら、購入前にその猫の特徴を勉強しておきましょう。
  • 信頼できるペットショップやブリーダーさんに相談してみましょう。

【猫の入手方法】

  • ペットショップやブリーダーで購入する方法
    猫の種類や血統書の有無によって値段が変わります。
  • 里親探しから譲り受ける方法
    里親募集サイトは沢山あります 信頼できるペットショップやペット病院の方に聞いてみる。
  • 拾い猫
    病気・伝染病にかかっている可能性がある

※猫を飼うことになったら、まず猫の健康診断を受けましょう。

【猫を選ぶポイント】

■オス(雄)とメス(雌)?

オス猫

  • 一般的にオス猫はおっとりしている(育った環境・種類にもよる)
  • サカリのシーズン時期になると異性を求めて強い匂いの尿を掛けてまわる行動がある(スプレー行為)
  • 交配を望んでいないなら、去勢手術を考慮しましょう。より健康でストレスの少ない生活を送らせてあげられます。(生後半年くらいで手術が出来る)

メス猫

  • 一般的にメス猫は気が強い(育った環境・種類にもよる)
  • サカリのシーズン時期になると異性を求めて大きな声で鳴いたり、体をくねくねさせる(ストレスと痛痒さを感じる)
  • 交配を望んでいないなら、避妊手術を考慮しましょう。より健康でストレスの少ない生活を送らせてあげられます。(生後半年くらいで手術が出来る)

■子猫・成猫どちらを飼いたい?

子猫

  • しつけをする必要がある
  • スキンシップの必要がある
  • 小さい頃はよく遊び、とてもやんちゃで可愛い。

成猫

  • しつけが出来ている場合が殆ど。手間はかからない
  • 行動も落ち着いている
  • 穏やかなので飼いやすい

【飼うにあたっての必需品(飼育グッズ)】

トイレ・トイレの砂・トイレ用スコップ・キャットフード・水・食器・ベッド
爪とぎ・キャリーバッグ・ブラシ・コーム・首輪・リード・おもちゃ・その他

その他に発生する諸費用

  • 健康診断や予防接種代
  • 不妊・去勢手術代
  • 治療費

【キャットフードの与え方】

  • 食事の場所
    トイレの場所からできる限り離したところにする。
  • 食器
    陶器かガラスの容器を清潔にして餌(えさ)を入れること
  • 食事の内容
    生後9〜12ヶ月までは幼猫用フードを与えます。9〜12ヶ月を過ぎたら、少しずつ成猫用フードを混ぜ、成猫用の分量だけ幼猫用のフードを減らしていきます。

【キャットフードを与える頻度】

●1歳までの幼い仔猫
小さな仔猫は1日に4回〜6回ほどキャットフードを与えます。離乳後は1日に2回〜3回ほどに食事の回数を減らします。

●成猫
1日2回できれば12時間の時間を空けて与えます。

【食事の量】

15分間で食べられる量を目安にする
※新鮮な水の入ったボールは、常に用意しておく事。食事の仕方に異常を感じたら、早めに獣医師に相談した方がいいでしょう。

【猫に食べさせたくない成分】

脂肪・とうもろこしグルテン・とうもろこし・小麦ショート・Meat meal(肉粉)・副産物・ビートパルプ・醸造米・セルロス・防腐剤(BHA、BHT、エトキシキン)

【猫に食べさせたい成分】

オーガニックブラウンライス・オーガニック野菜・ナチュラルチキン(ビーフ・ターキー)・ひまわり油・ケルプ・オーガニックウィート・クランベリー・ビタミン(C・E)

【猫が食べてはいけない食品】

  1. 食料品
    イカ・タコ・カニ・海老・クラゲ・貝類・鯛の骨・鳥の骨・太刀魚の頭・お菓子・ケーキ・牛乳・生卵・等
    ※消化不良を起こしやすい食材、肥満の原因、胃や腸への負担、喉の損傷など考えられる食品は避けて下さい。
  2. 加工食品
    天ぷら・かまぼこ・塩辛・ピザ・ソーセージ・ハム・ウインナー・等
    ※人間の為に作られた加工食品は、猫(ねこ)にとってはほとんどが塩分過多です。その他危険な添加物も入ってる場合があります。
  3. 香辛料・甘味料
    胡椒・とうがらし・生姜・わさび・カレー粉・砂糖・等
    ※香辛料や甘味料を与えると猫(ねこ)の胃を過剰に刺激し、内臓に負担をかける。
  4. 中毒性物質
    ネギ類(玉葱、長ネギ、ニラ等)・大蒜(にんにく) チョコレーコーヒー、等
    ※玉葱中毒・カフェイン中毒。

【見て触れて適正体重】

肥満

  1. 腹部が垂れている・両側に膨らんでいる
  2. 尾の付け根が盛り上がっている
  3. 歩く時に左右に胴体が揺れ動きが鈍く見える
  4. 触ってみて皮下脂肪のためにろっ骨や背骨に容易に触れない
  5. 胸を触ったときにそっと触っただけではろっ骨がわからない

痩せすぎ

  1. 普通の姿勢でろっ骨が良く見える
  2. 胸を触ったときにろっ骨の間に深い窪みがある
プリンタ出力用画面
友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
【ご協力のお願い】
大崎幸一君


皆様のご協力で募金の目標額が集まったとのことです。ありがとうございました

Advertisement

相互リンク募集中
このサイトは相互を募集しています。 こちらのフォームからお申し込み下さい。相互リンク依頼フォーム
Advertisement

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
オンライン状況
30 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが コンテンツ管理 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

もっと...
便利グッズ
Advertisement